スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

闇の子供たち

闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]闇の子供たち プレミアム・エディション [DVD]
(2009/02/25)
江口洋介宮崎あおい

商品詳細を見る




昨夏に上映されたものをDVDで観ました。
この作品、思った以上に重いです。

なので、苦手な方は読まない方がいいです。

















主なテーマは

タイの
人身(臓器)売買
幼児売買春

これらを助けたいと思う、日本人たち

こんな感じです。











のっけから、タイの監禁されている子どもたちが写ります。
エイズにかかってしまい横になっている女児を見て、
大人が「もうダメね」と放ちます。
他の子に「指名よ」と告げ、異常性愛者のところへ連れて行かれます。
男児には鞭で背中を何度も叩き、
「こいつ客の要望を断りやがった!!」と、
何の罪もない子供に傷をつけます。


と、これは闇社会の問題となっています。
その問題を世間に知らせようと記事を書く、記者の江口洋介。カメラマンの妻夫木聡。
そんな子供達を助けたい、とタイ現地のボランティアに参加する宮崎あおい。

などなど。

日本人たちは日本語で話します。
が、江口さんと宮崎さんはタイ語で現地の人と絡みます。


映像が、あまりにもショッキングです。
子供たちがお金で売られるのです。買われていくのです。
子供たちが抱かれるんです。
日本人のエゴで、罪のない子供から臓器を取るのです。
お金があれば、容赦なく子供を買うのです。
ゴミ袋に子供を入れ、ゴミ収集車で連れていかれるのです。

それをなんとも食い止めようとするボランティアの方々が、勇ましかったです。
だけど、仲間だと思っていた1人が………。

性描写、虐待、殺人などなど、ショッキングな映像ばかりです。
もちろん、見れなくなるほどグロテスクな内容ではありません。
ただただ、ショックです。

実際に行われているとなると、日本がどれだけ天国かということに気が付きます。
タイやその他の東南アジアが、こんなにも卑劣な行為をしているのかと目の当たりにすると、
もう悲しみや怒りや憤り、全てを超えて何も言えなくなりました。


でも、終わり方があたしの中では微妙でした。

結末はどうぞ、本編を見てください。
スポンサーサイト
2009-03-17 : 紹介・買ったもの : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

もがち

Author:もがち
大阪・西天満のラ・プラース・アンソレイユさんにて
mogachizmのアクセサリーや紙雑貨を販売しております。
ネットショップあり。


アクセサリー製作
イラスト、デザイン、手芸、印刷物、手紙

コメントお気軽にどうぞ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

メールフォーム

ご意見あればどうぞー

名前:
メール:
件名:
本文:

ありがとう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。